掬水月在手弄花香満衣/みずをきくすればつきてにありはなをろうすればこうにみつ

サイズ101cm×34cm/掬水月在手弄花香満衣(みずをきくすればつきてにありはなをろうすればこうにみつ)自分の弱い部分、つらい経験があるから、人の気持ちが分かるのです。今までの経験を、前向きに発信して、力に変えて。(禅のことばより抜粋)以下、店主/本文一部引用します。水をすくった手に月が映りました。そして、花とたわむれると、自分の衣にも美しい花の香りが満ちます。自分の心と見ている物がひとつになった情景です。とございます。苦しみを前向きにしようとつとめる方程、理想を追求し、かえって苦しみが繰り返される中で、苦しみや苦労を知る人は同じ境遇の苦しみを抱えている人に自然に手を差し伸べられることができるでしょう。その気持ちに自分と他者の区別はないとの教えです。優しい心の作品です。風間先生監修の元、制作された額縁に入れてお届け致します。
購入数
Soldout