拈華微笑

拈華微笑(ねんげみしょう)とは、一輪の花を摘み、微笑むという意味合い。真理は心から心へと受け継がれていくことを、一本の花を使って無言で示されたのでしょう。 この世は無常ととかれた仏陀も言葉では到底伝え切れないことを示したといいます。禅のことばより一部抜粋 何かと世知辛い世の中と仰る方も多くおられますが、言葉以上の繋がりを感じる貴重な経験をされた方には、微笑みを与えて頂ける御言葉かと思います。筆紙も健やかなる気持ちが現れております。額縁に入れてお届け致します。サイズ等はお問合せ下さい。
購入数
Soldout